情報漏洩しないよう自分で管理しなければならない『インターネット利用の3つの注意』

メールアドレス登録注意

インターネット上には、気になる情報を得るためにメールアドレス等を登録するサイトがあります。メールアドレスを登録するだけなので、手軽さから簡単に登録する人が多くなっています。欲しい情報を得ることはできますが、不正に利用される可能性もあるので注意しなければなりません。登録した覚えの無いサイトからメールが届くようになる、法律を無視した契約に関する請求メールなどが遅れられる可能性があります。基本、無視すれば問題ありませんが、一度開封するとハッキングされる可能性もあるので、無視するのであれば開封しないようにしましょう。

パスワードは統一にしない

インターネットのあらゆるサイトで会員登録すると、忘れないようにとパスワードを統一してしまうがちになります。これでは、1カ所でパスワードを見破られてしまうと、他のサイトも簡単にアクセスされてしまい、不正に利用される可能性があるので注意です。パスワードはサイト毎に変えるようにし、1カ所で見破られたとしても他のサイトが守られるようにすることが大切です。ただ、会員サイトが多ければ多いほどパスワードも多くなるので、どこかにメモしておき、厳重管理のもとで保管すると良いでしょう。

パスワードは複雑かつ長いものに

パスワードのバリエーションが多かったとしても、単純なものであれば簡単に見破られてしまいます。パスワードとして機能しないので、単純なものは避ける必要があります。パスワードを設定する際、なるべく複雑かつ長いものが良いでしょう。さらに、数字と英語の大文字小文字を組み合わせると効果的です。このとき、自分に関係するもの、例えば誕生日や趣味などのワードを入れないようにしましょう。これも見破られてしまうポイントとなる可能性があるので注意です。

機密文書とは企業秘密に関する事柄、例えば、人事や経理のことや、新しい商品開発に関する情報など全てです。